春季大役事: 勝利感謝祈祷会 > ニュース

본문 바로가기

ニュース

ニュース

春季大役事: 勝利感謝祈祷会2019-06-01

본문

 (→関連写真)  

 

大役事三日目の勝利感謝祈祷会は、李準(イ・ジュン)韓国研修局長の恩恵深い司会で、全体通声祈祷の後、天の父母様、天地人真の父母様、孝進様、興進様、大母様と絶対善霊たちに感謝の拍手を捧げました。また大役事の期間苦労した講師たちおよび新たに結成された日本地区巡回団、そして食口たちを歓迎してくれた美しいつつじをはじめとした自然万物にも拍手を送りました。

李基誠会長は「今回の大役事は天の父母様の愛を心のすべてで感じることができ、また目で見ることのできる、そのような期間だった」と伝え、毎日を生活する中で天の父母様と真の父母様の愛を実感しながら暮らす孝子となることを願うとメッセージを伝えました。

そして最後に次のように新しい出発のための感謝の祈祷を捧げました。


「このHJ天宙天寶修錬苑も、新しい出発をし、全世界の4大陸にある分苑も新しい運勢を持って出発しようとしておりますので、大いなる能力を下さいますように。また私たち神氏族メシヤたちも378代まで祝福した権能を持ってこれから新しい出発をいたしますので、今まで見ることのできなかった驚くべき役事がこの地上に起きるようにしてくださることを切に請い願います。しかしながら私たちにはまだ不足なところが多いです。いまだに私たちはもどかしいことが多いです。いまだに肉身から染み出て来る肉身の欲望の中に捕らわれるときがあります。悪なる霊たちが私たちの目鼻口耳を覆ってしまうときもあります。時には間違った思いになることもあります。
天よ、このような私たちの肉身を悪霊から救い出してくださいますように。悪霊の主管を受けないようにしてくださいますように。悪霊から私の頭が主管されないようにしてくださいますように。悪霊から目が主管されないようにしてくださり、悪霊から唇が主管されないようにしてくださいますように。私たちの肉身が完全に、天の父母様だけが主管され、善なる霊人だけが共に為し、善なる天使たちだけが共に為すことによって、本心作用と良心作用だけで、天の直接主管を受けながら、新しい勝利圏に入っていくことができるようにしてくださいますよう、切にお祈り申し上げます。

イエス様がこの地に来られましたが、メシヤとして来ましたが真の父母となれず、実権行事がすることができなかったので、希望の天国である楽園で待ちながら再臨のひと日を待ってきました。しかし今や真の父母様が実体的にこの地に臨在され、霊肉共に重生の役事を行う時となったことを信じます。地上人たちと霊人たちが完全に重生する時となったことを信じます。それを成し遂げるのがまさしくこのHJ天主天寶修錬院であることを知っておりますので、この修錬苑をとおして下さろうとされる恩賜を受け取れるようにしてくださいますように。さらに真なる役事と真なる信仰で私たちの肉身を完全に聖別し、神様の聖殿とならしめてくださいますように。天だけが宿る聖なる聖殿となり、太初から果たせなかった神様の祝福、個性完成者とならしめてくださいますように。家庭完成者とならしめてくださいますように。小さな真の父母、小さなメシヤとなって、一族を復帰した基準を立て、栄光なる天寶入籍の祝福にあずかり、ひいては天寶院に登載されることによって億万歳の賛美を受けることのできる、その位置に立つことを、最も栄光なることとして出発させてくださいますように。

このような心で出発するとき、天上の聖なる善霊が希望を持ち、私たちに一層役事することと信じますので、この時間、私たちを希望の主人公とならしめてくださいませ。また私たち全員が願うことは、この地にいらっしゃる真のお母様の聖寿無疆でございます。一日が千年のような価値を持たれ、今日を生きて行かれる真のお母様。2019年には世界を巡回することが多くあられます。まさしく聖寿無疆とならしめてくださり、五大洋六大洲に実体聖霊役事を展開してくださいますように。五大洋六大洲に万人類をあなたの子女として重生させてくださいますように。神統一韓国を重生させてくださいますように。真のお母様の地位の前に国家首脳が屈服し、賛美できる時となりました。今こそ栄光の真の父母様として登場なさる時となりましたので、聖寿無疆となられ、その栄光が長い間成就されますように。」

 

子供達まで含めて、大役事の期間および修錬苑をとおしてその恩恵が積み重ねられていく世界各地の参加者達が増えている中、その証しをご紹介します。 

 

*証し: 「皆さんはひとりではない」
*証し: HJ天宙天寶修錬苑で天の父母様の存在を確信し、親子の因縁を結びました
*証し: 私は清平がこの世の中で一番良い

 

(2019.5.30. 일부 수정)