HJ天宙天寶修錬苑巡回および日本地区巡回団報告(2019年9月第4週) > ニュース

본문 바로가기

ニュース

ニュース

HJ天宙天寶修錬苑巡回および日本地区巡回団報告(2019年9月第4週)2019-10-07

본문


 「2019 福島教区孝情実体聖霊役事恩恵特別集会」(9/24)

 

 9月第4週はHJ天宙天寶修錬苑の李範奭日本研修局長と日本研修チーム武津建守講師が9月24日に福島県福島市にて「2019天運相続福島孝情実体聖霊役事恩恵特別集会」を主管、1,100名が参加しました。つづいて翌25日に宮城県多賀城市にて「2019宮城天運相続孝情奉献礼式」を主管、980名が参加しました。


 また日本地区巡回団が9月23日~29日の間に27カ所の集会を行い、6,500名を超える食口たちが参加しました。



 1) 2019天運相続福島孝情実体聖霊役事恩恵特別集会



 9月24日、「2019天運相続福島孝情実体聖霊役事恩恵特別集会」が福島県福島市にて開かれ、1,100名が参加しました。これに先立ち、9月23日にHJ天宙天寶修錬苑から李範奭日本研修局長と日本研修チーム武津建守講師が日本に旅立ち、現地スタッフたちと共にすべての準備を整えました。


 午後1時から始まった特別集会は、福島教会の鴫原隆伝道部長の司会で、第1部として黙想、開会宣言、聖歌賛美、敬拝、家庭盟誓、代表祈祷、そして役事についての説明が行われ、ただちに熱い役事が行われました。つづいて行われた第2部では、福島教区の讃井政登教区長が主催者あいさつを行い、第2地区の裵亨周地区長が歓迎のあいさつを行った後、HJ天宙天寶修錬苑の李範奭局長が特別講義を行いました。そして全体で祈祷をし、讃井政登教区長の億万歳で全体のプログラムを終えました。



 2) 2019宮城天運相続孝情奉献礼式


 9月25日、「2019宮城天運相続孝情奉献礼式」が宮城県多賀城市にて開かれ、新規伝道対象者115名、再復帰24名を含む980名が参加しました。

 



 午後0時45分から始まった孝情奉献礼式は、川島隆則仙台教会長の司会で行われ、第1部はまずピアノアンサンブルの文化公演から始まり、その後は福島の特別集会とほぼ同様に進みました。第2部では宮城教区の趙成旭教区長が主催者あいさつを行いました。李範奭局長の特別講義の後、10組の介添え人が入場し、孝情奉献書奉納式が神々しく執り行われました。宮城野教会の鈴木和章教会長が告天感謝文を読み上げ、孝情奉献書が天に奉納されました。仙石塩釜教会の佐藤和明教会長が億万歳三唱をした後、最後に記念撮影をしてすべてのスケジュールが幕を閉じました。



 3) 今週の主な地区巡回集会
 9月23日の午前10時半、福岡県福岡市にて「福岡教区孝情実体聖霊役事恩恵特別集会」が開かれ、約800名が参加しました。


 同日午後0時、東京都練馬区にて「天運相続心の書写西北東京大会」が開かれ、約600名が参加しました。


 同日午後1時、神奈川県横浜市にて「孝情ファミリー書写フェスティバル」が開かれ、約1,000名が参加しました。


 9月27日午前10時半、広島市安佐南区にて「永世セミナー」が開かれ、約550名が参加しました。


 9月28日の午前10時半、北東京教区足立教会にて「孝情実体聖霊役事恩恵特別集会」が開かれ、約300名が参加しました。


 同日の午前10時半、北千葉教区柏教会にて「孝情実体聖霊役事恩恵特別集会」が開かれ、約300名が参加しました。


 9月29日の午前10時半、大分県豊後大野市にて「孝情実体聖霊役事特別集会」が開かれ、600名が参加しました。



4) 巡回集会の証し

証し: 息子について孝情奉献書を奉献するとすぐに効果がありました
証し: 背中の痛みが癒されました
証し: 私たちと共にいてくださる真のお母様を実感

 

 Next 2019年10月 日本平日修錬会 2019-10-07
 Prev 特別3DAY修錬会 2019-10-07