神日本家庭連合元老天寶40日特別修錬会 開会式 > ニュース

본문 바로가기

ニュース

ニュース

神日本家庭連合元老天寶40日特別修錬会 開会式2019-11-03

본문


 今回、独り娘であられる真のお母様の特別なみ言により、10月16日から11月24日まで、日本の元老牧会者11名とスタッフ1名の計12名がHJ天宙天寶修錬苑を訪れ、40日特別修錬会を受けることになりました。


 初日の16日は受付とオリエンテーションが行われ、接見室にて日本研修局高木誠治講師が修錬苑での生活について説明をしました。そして二日目の17日は午前中に役事特講に参加し、午後は天正宮博物館巡礼に参加しました。そして夜7時半から小聖殿にて李基誠会長を迎えて開会式の時間を持ちました。
開会式は日本研修局武津建守講師の司会で韓国語にて進められ、準備聖歌(聖苑のめぐみ)、敬拝、家庭盟誓、代表報告(小山田会長)、経過報告、み言と祝祷(李基誠会長)、敬拝、記念撮影の順に行われました。




李基誠会長は次のように祝祷を天の前に捧げました。

 「尊き天の父母様、愛してやまない天地人真の父母様。今日、日本を開拓するために苦難とご苦労の道を歩んだ11名の大先輩たちを迎えた中で40日特別修錬会の開会式ができるように役事してくださることを心から感謝申し上げます。天上の真のお父様、この時間、この貴い子女たちを見つめられ、苦労したと激励してくださり、今回の40日の期間の間に、あなたが思う存分愛してくださり、み言を下さり、祝福してくださいますよう、切にお願い申し上げます。呼んでくださった真のお母様、11名の子女たちが完全に独り娘・真のお母様、実体聖霊をとおして生まれかわり、すべての罪を洗い流し、きれいな霊と肉となって、真の孝子として生まれかわることのできる今界の期間として、思う存分祝福してくだいますよう、切にお願い申し上げます。また氏族の先祖として祝福を受けたすべての霊界の430代先祖たちまでも共にする中で、今界の期間をとおしてさらに神聖なる者となることのできる今回の期間となり、まさしく天寶苑に登載される神氏族メシヤとして、今回の修錬会をとおして息子・娘たちまでも、また地上で伝道された地上の祝福家庭たちまでも、完全に新しくなることのできる福のある期間とならしめてくださいますよう切に乞い願います。絶対信仰・絶対愛・絶対服従をしてこそ人間が完成できますので、天地人真の父母様の歩まれたその道がまさにその道であり、真の子女たちの歩むべき道も絶対信仰・絶対愛・絶対服従の道だと語ってくださいました。今回の修錬会の期間は、真の御家庭の三代、信出様が特別に40日修錬会を受けている期間でございます。この期間をとおして、まさに真の御家庭が、三代圏が完全に定着され、神日本が真の御家庭と絶対的に一つとなることのできる今回の期間とならしめてくださいますよう切に乞い願います。私たちすべての心をすべて空にし、今回の修錬会を受けて、想像できないほど驚くべき恩恵と愛と祝福が与えられるようにしてくださり、今回の期間をとおして先輩方を霊肉共に完全保護圏の中で無事に修錬会を受けることができるようにお守りくださるよう切に乞い願います。また日本でこれまで熱心に信仰をしながら天上世界に行ったすべての先輩家庭たちまでも、今回の期間に共にする中で共鳴の役事が起るようにお助けくださいますように。すべての神日本の地上と霊界の霊人までも感謝と賛美を捧げることのできる、福のある期間とならしめてくださいませ。全体すべてをお任せ申し上げながら、すべてのみ言を祝福中心家庭・李基誠の名でご報告申し上げます。アーヂュ。」


開会式後、元老牧会者たちはお互いに熱い握手を交わして40日修錬会の勝利を誓い合いました。今後元老牧会者たちは第234期孝情天寶40日特別修錬会の日本訓読チームに合流し、共に精誠を尽くす生活を行う予定です。