*秋季大役事: 1~430代先祖解怨式および先祖祝福式 > ニュース

본문 바로가기

ニュース

ニュース

*秋季大役事: 1~430代先祖解怨式および先祖祝福式2019-11-14

본문



 1~430代先祖解怨式が大役事三日目(陽暦11/3)の午前、天城旺臨宮殿と親和教育館A館にて挙行されました。つづいて歴史的な1~430代先祖祝福式が天城旺臨宮殿の大聖殿と小聖殿で恩恵深く挙行されました。金宗鎭(キム・ジョンジン)教育企画局長の司会で、開会宣言、介添人入場、主礼入場(李基誠会長夫妻)、聖燭点火(主礼)、先祖入場、報告祈祷(李命官副苑長)、祝詞/聖酒式/聖水式/聖婚問答/祝祷(主礼)、礼物交換、成婚宣布(主礼)、花束贈呈、ケーキカット、億万歳三唱、先祖退場、主礼退場の順序で行われました。

 

 先祖祝福式の主礼を務めた李基誠会長は、聖霊の火を受けたKCLC牧師たちの熱い証しを伝えながら、祝福家庭たちが霊肉合同作戦でビジョン2020勝利の路程を必ず果さなければならないと説きました。つづいて次のような祝祷を天の父母様に捧げました。


 「天が今や430代の先祖まで祝福することができる、驚くべき恵みの時間を下さいましたので、この時間、祝福を受ける430代の先祖たちよ、その恩恵に報いるためにも、地上の神氏族メシヤを守ってくださり、天一国孝情苑を中心として役事してくださり、家庭を復帰し、氏族を探し立て、国を探し立てさせてくださいますように。忠臣・孝子・烈女たちが涙で領土を聖別した地ですので、なにとぞ神統一韓国時代が開かれるようにお助けくださり、神大陸、神世界が完成する奇跡の役事を起こらしめてくださいますように。」

 

和歌山教区から参加したH.K.さん(世界平和国際合同交差祝福家庭、50代、女性)は、430代先祖解怨式の翌日に先祖が喜ぶ声を聞いたと次のように証しました。「天の父母様と真の父母様のお導きと恵みをいただき、霊界の協助もいただきながら、2019年9月に夫と私を合わせて8家系430代の先祖解怨を勝利することができました。私が家庭の代表としてその先祖解怨式に参加させていただきました。その翌日の午前2時30分頃に左耳の奥で『よし、よし』と言う声が聞こえ、目が覚めました。聞き覚えのない男性の声でしたが、とてもしっかりとした、満足そうな声でした。天の父母様も、真の父母様も、先祖たちも、霊界が喜んでくださっているのを感じ、とても嬉しかったです。これから100日後の8家系430代先祖祝福が成就するよう、精誠を尽くしてがんばっていこうと思います。真の父母様の心情・事情・願いに一つとなり、すべて成していけますように。」