*秋季大役事: 感謝祈祷会 > ニュース

본문 바로가기

ニュース

ニュース

*秋季大役事: 感謝祈祷会2019-11-20

본문




 大役事三日目(陽暦11/3)、夜の役事の後、6時50分から梁雲聲(ヤン・ウンソン)韓国研修局長の司会で感謝祈祷会を開きました。天の父母様、天地人真の父母様と孝進様、興進様、大母様、絶対善霊たちに感謝の拍手を捧げ、役事チームや講師逹、横に座った食口たちとも感謝の拍手を分かち合いました。 


 李基誠会長は食口たちに「サタンはあまりにも執拗で、簡単には落ちないので、終わりまで粘り強く役事をして並んだ皆さんのように、天は摂理の道において我慢強い、死生決断、全力投球で変わらずに行く人を選択して中心者に据えてきました」と激励しました。参加者たちが完全にサタンを分立し、霊肉同時に完全に救いを受けた姿で新しい出発をすることを確信すると明かして次のようなメッセージを伝えました。 


 「私たちは皆、いくら大変でも感謝し賛美しながら天国生活を始めてくださるよう願います。すべての悪霊が近付くことのできない人となると信じます。今回の大役事に感謝したことが一つや二つではではありません。その感謝の心がずっと維持されれば、天運を相続すると信じます。今回の期間の間、大役事をする間、キリスト教牧師大復興会、KCLCをとおして皆さんは奇跡を見たはずです。これからはもっと大きな奇跡が起こります。そのすべての奇跡の原因は、まさにHJ天宙天寶修錬苑にて真の父母様を中心とし、重生して一つとなった絶対孝情の善霊たちが役事するからであるというっことを知り、皆さん自信を持って生きて行ってくださるよう願います。 


 皆さんの背後には絶対善霊たちがHJ天宙天寶修錬苑だけでなく皆さんの体とすべての場所で共にいます。ただ皆さんが相対基準を結んで絶対善霊のように絶対的な信仰で、絶対的な愛で、絶対的な服従で、絶対的な感謝で生きていくことさえすれば、皆さんの生活の中で驚くべき奇跡の役事が起こるでしょう。今や時となりました。去年が異なり、今年が異なります。完全に新しい世界が今開かれているのです。そのような確信を持って、とても力強く出発するこの時間となることを願います。大役事は終わりますが、皆さんは新しい人生を力強く出発し、天上世界の絶対善霊たちも希望を持って進んでいくことと信じます。」

 
そして李基誠会長は最後に次のような感謝の祈祷を天地人真の父母様に捧げました。


 「暗黒に満ちたこの地の上に、地上と天上の罪悪の権勢が満ちたこの地の上に、真の父母様が来られて、言い尽くせぬ苦難の道を歩んでこられました。しかしながら、このHJ天宙天寶修錬苑、この場所を訪れられ、勝利されることによって、ここから重生の役事を展開することによって、今や霊界の権勢を掌握なさいました。
今こそ民族の権勢、民族の障壁、国家の障壁、宗教の障壁が崩れ、一つの天の父母様下、一つの真の父母様下、一つの兄弟姉妹へ結ばれる統一世界が、私たちの目の前に展開されております。このすべての摂理歴史が、まさにこのHJ天宙天寶修錬苑から定着していっていることを思うとき、私たちは実に聖なる地へ来ました。ここで祈祷するすべてが、天の前に上逹されると信じます。父母様がもっとも大変で困難なとき、ここに来られて受け答えをなさいました。アメリカを中心とした摂理をされ、世界摂理をされながらも、ここで死生決断の談判祈祷を捧げられました。
 


 これから私たちはここで3日間祈祷し、出発するようになりました。3日間、この聖なる聖殿で首を垂れて祈祷し、役事をし、精誠を尽くしましたので、これを条件に新しい心で出発することのできる私たち全員とならしめてくださいますように。これからは絶対善霊の権勢を背負って出発する私たちとならしめてくださいますように。祝福中心家庭となり、神氏族メシヤの権勢を持って堂々と進むことのできるこの時間とならしめてくださいますように。
そして、ビジョン2020勝利のその日、真のお母様が真のお父様に差し上げる二つの贈り物を完璧に叶えて差し上げるために、私たちが精誠を絶やさぬよう、お助け下さいますように。祈祷を絶やさぬよう、お助け下さいますように。活動を絶やさぬよう、お助け下さいますように。そうして遂に、まさに天地人真の父母様に侍り、地上のすべての祝福家庭たちが勝利の億万歳を叫ばせてくださり、これまで真の父母様を知ることのなかったこの国のすべての民たちも、栄光の真の父母様に侍ることのできる基台を完璧に成さしめてくださり、全世界約200か国のすべての民たちが真の父母様を知ることのできる奇跡の役事を起こさしめてくださいますように。」

 

最後に李命官副苑長が登壇して、真のお母様と一つになる「感謝祝幸富」の生活を忘れないことを訴えながら億万歳三唱で行事全体をまとめました。