特別3DAY修錬会 > ニュース

본문 바로가기

ニュース

ニュース

特別3DAY修錬会2019-12-20

본문


12月11日から13日の日程で、第235回孝情天寶40日特別修錬会を修了した日本食口を対象とした「特別3DAY修錬会」が開かれ、合計29名が参加しました。この修錬会はHJ天宙天寶修錬苑の日本研修局が主催する修錬会であり、孝情天寶40日特別修錬会の修了後すぐに開催され、真の父母様が直接主管される孝情天苑聖地の恩恵をより実感できる特別なプログラムを行っており、教会草創期の心情や雰囲気を体恤できる貴重な体験の場として定着しつつあります。


修錬会は1日目の午後4時半、天寶苑地下1階のセミナー室にてオリエンテーションが行われ、夕食後は特別祈祷会が3時間半にかけて行われました。特別3DAY修錬会における特別祈祷会は、特別祈祷室にて一人の参加者の願いに対して参加者全員がその所願成就を祈っていくという、特別な祈祷会であり、参加者たちは同胞愛を深めながら、祈祷室全体が涙の海となりました。

 

 

2日目は訓読会から出発し、朝の役事に参加後、チャラソム(スッポン島)にある蝶々ストーリーという蝶が放し飼いになっている温室を散策し、夜はアチムコヨ(朝の静けさ)樹木園に行ってイルミネーションを楽しみ、40日間の苦労を癒しました。

 


3日目は文信出様や李命官副苑長らとともに孝情天寶摂理の草創期に真の父母様や真の子女様方が過ごされた天遊荘を巡礼し、草創期の真の父母様の心情に触れました。天遊荘の周辺を掃除し、李命官副苑長のメッセージを聞いたのち、すき焼きパーティーを開き、親睦を深めました。




 

  • 페이스북으로 보내기
  • 트위터로 보내기
  • URL Copy