2019年のHJ天宙天寶修錬苑日本巡回および日本地区巡回団報告 > ニュース

본문 바로가기

ニュース

ニュース

2019年のHJ天宙天寶修錬苑日本巡回および日本地区巡回団報告2020-02-06

본문

 

真の父母様の日本に対する特別な愛と配慮により、2019年度は役事の波が日本全土を覆いました。陽暦7月7日に行われた「2019年神日本天運相続孝情奉献聖火式」をはじめとして、2019年度にHJ天宙天寶修錬苑のスタッフが直接日本に行って行われた集会が計19回となり、役事に参加した食口の数は延べ74,300名を超えました。そして日本地区巡回団の巡回集会が4月26日に南千葉教区千葉教会にて初めての「実体聖霊役事恩恵特別集会」を開いてから723回を数え、延べ参加人数が18万名を超えるという驚くべき結果となりました。
2019年12月は、HJ天宙天寶修錬苑の李範奭日本研修局長と日本研修チーム高木誠治講師が12月15日に群馬県藤岡市にて「群馬教区天運相続孝情奉献礼式」を主管、1,180名が参加しました。翌16日には神奈川県座間市にて「西神奈川教区天運相続孝情奉献礼式」を主管、1,094名が参加しました。
また、日本地区巡回団の巡回集会は123回行われ、参加者が30,300名を超えました。


1) 群馬教区天運相続孝情奉献礼式

12月15日、群馬県藤岡市にて「群馬教区天運相続孝情奉献礼式」が開催され、新規伝道対象者25名、教会を離れていた食口たち4名を含む1,180名が参加しました。
午後1時半から始まった孝情奉献礼式は、高崎教会の江田保則家庭教育部長の司会で行われ、第1部はまず群馬教区の聖歌隊「ティアーズ」が聖歌を賛美し、代表報告祈祷ののち、高木誠治講師が役事について説明をしました。そして熱い役事の時間が持たれました。第2部では群馬教区の権相來(クォン・サンレ)教区長が主催者あいさつを行いました。李範奭局長の特別講義の後、介添え人が入場し、孝情奉献書奉納式が神々しく執り行われました。前橋教会の山崎滋教会長が告天感謝文を読み上げ、孝情奉献書が天に奉納されました。神川教会の芳賀幸一教会長が億万歳三唱をしてすべてのスケジュールが幕を閉じました。

 

 

2) 西神奈川教区天運相続孝情奉献礼式

12月16日、神奈川県座間市にて「西神奈川教区天運相続孝情奉献礼式」が開催され、新規伝道対象者76名、教会を離れていた食口たち29名を含む1,094名が参加しました。
午後0時45分から始まった孝情奉献礼式は、男女5名による和太鼓の演奏からスタートしました。つづいて戸塚教会の二世たちを中心とした聖歌隊7名が『聖苑のめぐみ』を賛美し、役事へと続きました。
つづいて西神奈川教区の平井利明教区長が主催者あいさつを行い、田中富広地区長が歓迎のメッセージを語りました。李範奭局長の特別講義の後、孝情奉献書奉納式が執り行われました。平井教区長が告天感謝文を読み上げると、厳かな雰囲気が会場のすべてを包み込み、参加者たちは孝情奉献書に書いた内容が天に連結されていくのを実感しました。最後に記念撮影をし、億万歳三唱をして、午後3時半にすべてのスケジュールを終えました。

 

 

HJ天宙天寶修錬苑日本巡回の証し

証し: 天井に昇っていく霊たち
証し: 白い玉が飛んでいました

 

日本地区巡回団集会の証し

証し: 娘の逆子が治りました

証し: 絶対善霊たちが役事の時間を教えてくれました

証し: 左腕が上に上がるように

証し: ばね指が治りました

証し: 孝情奉献書が天に手渡されていく様子が見えました

証し: 手のひらの上に白い雲が

証し: 霊の声が聞こえました

証し: 長男の鼻詰まりが良くなりました

証し: 小学生が見た絶対善霊の光

証し: 役事の恩恵を明確に感じました

証し: 真のお父様が現れられました

証し: 真のお父様と天使たちが見えました

証し: さらに強く決意させていただきました

証し: 首が回るようになった新規伝道対象者

証し: HJ天宙天寶修錬苑の光景が広がって

証し: 真のお父様が尋ねられました

証し: 金色の美しい冠をかぶられた真の父母様

証し: 腕が上がるように

証し: よく歩け、よく眠れるようになった母 

  • 페이스북으로 보내기
  • 트위터로 보내기
  • URL Copy