孝情祝祭: 天一国ハンマウム音楽祝祭 > ニュース

본문 바로가기

ニュース

ニュース

孝情祝祭: 天一国ハンマウム音楽祝祭2020-02-20

본문




  

 孝情祝祭三日目(陽暦2/7)の2時30分から、大聖殿にて天一国ハンマウム音楽祝祭が行われ、12チームの食口たちによる歌の競演が開かれて、全体が踊りと歌に和同する場が用意されました。ナ・フニル韓国第1地区青年学生部長がウィットに富んだ司会を務め、式前公演として神米国大陸青年学生チーム20名がダンスと『私は本当に知らなかったのよ』の合唱を楽しく披露し、また韓国在住食口の吉田美穂さんが登壇し、『アモール・ファティ』をはじめとした曲を熱唱して雰囲気を盛り上げました。 












 12のチームは個人または団体別に多彩な競演を繰り広げ、また中間にアップルヘブン・ジャパン、歌手のナ・ヒョンジェ、カン・スビンらが祝賀公演を披露しました。







 

 食口たちの競演が終わり、審査をする間、音楽祝祭の直前に実施された宝探しのイベントで、500個の景品の中から10点の真の父母様の聖物を贈呈する授賞式を、李基誠会長夫妻が行いました。つづいてチャン・ユンジョン婦人が審査委員長として登壇し、『愛のツイスト』やオリジナル曲『ありがとう、愛しています』などを歌い、観衆席の食口たちを踊りと歌に乗せ、皆の顔に大きな笑いの花が咲きました。 


 奨励賞、銅賞、銀賞が表彰され、金賞はソウル北部教区東大門教会の食口たちをバッグダンサーに『領収証を書いてあげるよ』を歌ったチョ・ビョンヨンさん(6000家庭)に、大賞は日本から来て『タイム・トゥ・セイ・グッバイ』を歌った双子の二世姉妹デュオ「まゆみゆ」に輝き、賞金と副賞が授与されました。 

  • 페이스북으로 보내기
  • 트위터로 보내기
  • URL Copy