孝情祝祭: 勝利感謝祈祷会および孝情奉献祈祷会 > ニュース

본문 바로가기

ニュース

ニュース

孝情祝祭: 勝利感謝祈祷会および孝情奉献祈祷会2020-02-20

본문


  

 孝情祝祭三日目(陽暦2/7)の午後7時、天城旺臨宮殿の大聖殿にて孝情祝祭勝利感謝祈祷会および孝情奉献祈祷会が開かれました。金宗鎭(キム・ジョンジン)教育企画局長の司会で、修錬生たちは孝情祝祭を許してくださった天の父母様、真の父母様、孝進様と興進様、大母様、絶対善霊たちや修錬苑スタッフはもちろん、全世界の食口たちのために熱い感謝の拍手を送りました。そして孝情奉献書を奉献しながら切なる願いを込め、「アボジー!オモニー!」と叫んで通声報告祈祷を捧げました。  




 李基誠会長は、天地人真の父母様によって人種・国境・文明圏を超越して、天の父母様・真の父母様の下、一つの兄弟姉妹となることのできる役事が為され、今回の韓日家庭、日日家庭の娘を、三代圏、信出様・信興様の配偶者として迎えてくださることにより、韓日一体化時代を開いてくださったことに感謝の喜びを分かち合いました。今や天一国安着時代を迎え、天一国の民、孝子、天寶の資格を備えるために、聖酒式後は一切咎があったり罪を犯したりしてはいけないと語りながら、天上で役事される孝進様と興進様の願いまでも共に込められたような涙の通声感謝報告を次のように捧げました。


 「天寶聖酒式を通過した私たちの全身全霊にあなたの愛を溢れさせてくださいますように。あなたの血が私たちの全身に流れるようにしてくださいますように。私たちの霊と肉を苦しめたすべての霊を整理できるようにしてくださいますように。創造本然の人間に帰ることができるようにしてくださいますように。霊的な五官と肉的な五官が天地人真の父母様と共鳴する私たちとなり、霊肉共に完全に救われた位置に立って、天の息子娘となり、天の孝子として褒め称えられる天寶とならしめてくださいますように。
不足な私たちのため、父母様、あまりにも重い十字架を背負われました。これからは心配なさらないでください。私たちが真のお母様に侍り、必ず勝利するために、命尽きる日までまいりますので、真のお母様、心配なさらないでください。今日この場に数千名の子女たちが感謝の盟誓祈祷をしながら、この孝情祝祭に感謝祈祷を捧げますので、天よ、この祈祷をお聞きになり、私たちの真のお母様を聖寿無疆たらしめてくださいますように。壮健たらしめてくださいますように。切に乞い願います。今回の孝情祝祭の期間に、私たちすべての孝情の子女たちに、あなたの祝福が共にありますよう手助けしてくださり、彼らの先祖までも祝福圏にて栄光を享受できますよう承諾してくださり、今回の孝情祝祭に、平和祝祭に参加したすべての人々を霊肉共にお守りくださいますよう、切に乞い願います。これからは新しい心で出征をする私たちとなりますので、共に成してくださいますように。」

 


 そして李命官副苑長が登壇し、次の7年路程の中で真のお母様が80歳となられる3年路程のために渾身を傾けようという決意のメッセージを伝え、全員で億万歳三唱をし、敬拝を捧げてすべての日程を終えました。