大役事: 出発祈祷会 > ニュース

본문 바로가기

ニュース

ニュース

大役事: 出発祈祷会2020-09-09

본문



 天暦7月16日、陽暦9月3日午前9時、情心苑にて李基誠会長と李命官副苑長、パート長以上のスタッフ約30名が参加した中、マスクをかけ、ソーシャルディスタンスを維持しつつ「文鮮明天地人真の父母天宙聖和8周年記念孝情天寶特別大役事」の出発祈祷会を持ちました。準備聖歌(聖苑のめぐみ)、開会宣言、天一国の歌斉唱、敬拝、家庭盟誓の唱和と続きました。

​​

 李基誠会長は、7ヶ月間神韓国の5つの地区はHJ天宙天寶修錬苑と一つとなり、精誠を尽くして南北統一の責任を負わければならないというみ言、聖和節の中心は情心苑であると語られた真のお母様のみ言を訓読しました。

 

「お父様が以北に責任を負われ、統一の門を開かなければなりません。あなたたちの精誠が天に届き、お父様が動かずにはいられないようにしなければなりません。6千年ぶりに来られた真の父母として、責任をすべて果たしたという立場になるようにしなければなりません。3年の侍墓精誠を考えなければなりません。出た人は責任があるのです。創造原則は責任分担の後に祝福があるのです。各自責任分担があるのです。そうできなかった子女たちは近くに来ることができません。一滴の水が小川を成し、川の水となる目的地は海です。その目的地まで行かなければなりません。以北を中心として、天上で善霊たちを率いて役事できるようにしなければなりません。韓国の天の父母様聖会、特に7か月の間は5つの地区長たちが出て一つになって行かなければなりません。

5つの地区の司令官は、目標がはっきりしていなければなりません。戦地で休息は禁物です。わき目をふる間に命が行ったり来たりします。今日から7ヶ月間走って行きましょう。私は皆さん全員によくしてあげたいのです。しかし見てばかりはいられません。責任者として、責任があります。南北統一は真の父母を迎えた場でしなければなりません。」 (陽暦2020/6/1、孝情宴、真のお母様のみ言)

 

「1年365日、情心苑に行ってお父様にお目にかかれなければならず、四位基台と対話ができないといけません。今回の聖和節は情心苑でするつもりです。情心苑は、人類が常に真の父母様に侍って暮らす体験と経験をすることができるところ、霊界と交流できる場です。情心苑で祈祷し、願いを話し、速やかに全世界77億人類に真の父母を知らしめなければなりません。

霊界にいらっしゃるお父様がもっと先駆けるように祈祷しなければなりません。地上が重要です。難しい南北関係、韓日関係を解かなければなりません。韓民族が5千年の間一つになることができませんでした。小さな国が南北に分裂しています。これをお父様が一つにし、門を開いてくださいと祈祷しなければなりません。情心苑が摂理の主流となり、南北統一をしなければならないのです。」 (陽暦2020/6/8、天正宮、真のお母様のみ言)

 

 そして真のお母様が、天宙聖和後の3年の侍墓精誠を尽くされ勝利してこられた7年路程を振り返り、祝福家庭たちも真の父母様の道理に従い、孝子・忠臣・聖人・聖者の道理に付いて行くよう努力し、実体聖霊の役事をこの地に起こしてくださいと切に求めました。今回の大役事期間、コロナ19によって、オンラインあるいは代理で参加しますが、空間を超えて神霊と真理の驚くべき役事を体恤させてくださいと切なる報告祈祷を捧げました。

​​

 つづいて李命官副苑長のリードで聖歌「聖苑のめぐみ」を恩恵深く賛美した後、切なる心を込めて天の父母様と真の父母様に祈祷と精誠を捧げる時間を持ちました。そして丹心歌と億万歳三唱を叫び、恩恵深い大役事の出発を天の父母様と真の父母様にご報告申し上げました。




 

  • 페이스북으로 보내기
  • 트위터로 보내기
  • URL Copy