2020年基元節以後における先祖解怨と先祖祝福式の案内 > お知らせ

본문 바로가기

修錬日程(日本所属)

2020年基元節以後における先祖解怨と先祖祝福式の案内

페이지 정보

작성일2019-11-23 照会数3,190

본문

2020年基元節以後における先祖解怨と先祖祝福式の案内
天の父母様と真の父母様の祝福と愛が共にありますよう祈願申し上げます。
HJ天宙天寶修錬苑では、真の父母の御言によって「孝情天寶2日特別修練会」を毎週実施しており、毎週先祖解怨式と毎月先祖祝福式を進行しています。 また、真の父母の御言に従って、[公文 世 18-555-02 号参考]2018年12月から2020年2月まで1代~430代の先祖解怨と祝福を完了できる恩賜を施してくださいました。
よって真の父母様の指示事項である「2020年基元節以降は先祖解怨と祝福式を再び7代ずつ行うように変更される」というみ言に対する詳細な方針を下記のようにお知らせ致しますので、多くの食口の皆さまが基元節後にも先祖解怨と祝福を進めてくださいますようお願い申し上げます。


― ― ― ― 記 ― ― ― ―



1. 施行日時: 2020年2月15日~16日(土/日)の修錬会から



2. 先祖解怨申請

A. 4家系(直系/母方/父の母方/母の母方)1代~210代までは献金を完納する基準と希望する段階の解怨が可能。
B. 211代以後、各家系(血統)の先祖祝福式を申請した週に次の1段階の解怨が自動的になされる。
* 204~210代の祝福式をする場合、211~217代が解怨となる。
* 344~350代の祝福式をする場合、351~357代が解怨となる。
1) 解怨献金は不要(*祝福献金が必要)
2) 先祖祝福式がない週(解怨式だけある週)では、申請不可
3) 1代~210代が解怨完了されていなければならない(解怨、未納及び履歴に問題があるときには不可)
C. 211代以降の解怨を進めている場合、該当する月に申請可能な解怨段階まで申請可能
1) 2020年3月から7月までは最大357代までの1段階だけ解怨可能
2) 2020年8月から12月までは最大364代までの1段階だけ解怨可能
3) 例えば、378代まで解怨されている場合、2021年11月に372代~378代の祝福式をする時に379代~385代の解怨がなされる(2021年10月までは解怨式の追加は不可)


3. 先祖祝福申請

A. 先祖解怨(献金完納)後、100日が経過してから祝福式が可能。
B. 本人の解怨がなされている段階まで祝福申請が可能
C. 2020年2月までに430代の解怨をしておいた場合、解怨後100日が過ぎた先祖祝福式の時に430代まで祝福申請が可能
1) 210代以前の先祖祝福献金の計算は段階別献金+修錬会費(1回)
- 5段階の申請: [祝福献金(一万円) × 5段階)] + 修錬会費(四千円) = 五万四千円
2) 211代以後の先祖祝福献金の計算は段階別献金+段階別の受付費
- 5段階の申請: [祝福献金(一万円) + 修錬会費(四千円)] × 5段階 = 七万円
D. 378代まで解怨されている場合、(2020年3月に100日が経過したとすれば)
1) 2020年3月先祖祝福式の時に378代まで祝福可能
2) このときに379代~385代が解怨される。
3) ただし、379代~385代の祝福式については2022年4月において可能。(祝福可能日程表を参照)


4. 解怨・祝福可能日程表

2020年 2021年 2022年 2023年 2024年
3~7 8~12 1~5 6~10 11~3 4~8 9~1 2~6 7~11 12~4 5~9 10~2
解怨 351

357
358

364
365

371
372

378
379

385
386

392
393

399
400

406
407

413
414

420
421

430
-
祝福 344

350
351

357
358

364
365

371
372

378
379

385
386

392
393

399
400

406
407

413
414

420
421

430


5. 先祖解怨・祝福の申請基準および代理者基準については確定次第、追ってご案内する予定です。



6. お問い合わせ: HJ天宙天寶修錬苑 日本研修局 日本研修チーム

A. 修錬会日程に関するお問い合わせ
1) 電話: +82-31-589-7140(8時30分~18時)
2) E-mail: cpjp@ffwpu.jp
3) FAX: +82-31-584-8819
B. インターネット受付・先祖解怨祝福に関するお問い合わせ
1) 電話: +82-31-589-7055 (9時~12時、13時~17時)
2) E-mail: cpjp@cheongshim.com
3) FAX: +82-31-584-8821