孝情天寶日本地区巡回団教区訓錬部長21日特別修錬会: 幻になって見えるほどの真の父母様の愛と涙 > 証し

본문 바로가기

証し

孝情天寶日本地区巡回団教区訓錬部長21日特別修錬会: 幻になって見えるほどの真の父母様の愛と涙2019-09-11

본문

[西神奈川教区 K.M. 6500家庭二世 20代 女性]
「天苑団地が真の父母様の精誠によって建てられた場所であることを実感しました。天正宮博物館で真のお父様がたくさん祈られたという松の樹(一松亭)の説明を受けているときに、急に真の父母様の御姿が見えたのです。真のお父様と真のお母様が手をつなぎながら必死に涙ながらに祈祷されているのを見ました。私は本当にびっくりしました。一瞬で消えてしまいましたが、今でも思い出せるほどはっきりと覚えています。また真のお母様の散歩コースを歩かせていただいたときも、真のお母様がこの道を歩かれているのが一瞬見えました。今までこのような体験は私にはなかったので、ただ心がいっぱいになりました。後から思うと、愛でいっぱいになったのだと思います。どのように精誠を重ねてこられたのか、幻になって見えるほど、そこには天の父母様と真の父母様の愛と涙と苦労があったのだと感じて、涙が流れました。また私の両親の基準がそうであるように、真の愛で精誠を重ねながら任地のメシヤとなれるよう歩んで行きたいと思いました。」