自分の中にこんなに恨みの霊がいたのかと鳥肌が立ちました (日本地区巡回団集会) > 証し

본문 바로가기

証し

自分の中にこんなに恨みの霊がいたのかと鳥肌が立ちました (日本地区巡回団集会)2019-11-03

본문

[北東京教区 H.W.さん 50代 女性]
「先週(9月第3週)HJ天宙天寶修錬苑で孝情天寶特別2日修錬会に参加しました。その役事の際に、自分から恨みの霊が離れていく感覚を何度も受け、目をつぶって祈祷をしていたら、真っ暗闇の中に点々と鈍く光る粒々の光が一斉にサーッと去っていくのを見て、自分の中にこんなに恨みの霊がいたのかと鳥肌が立ちました。
今回の役事のときも目をつぶって祈祷していたら、暗闇の中に紫の煙のようなものが漂っていて、それがシュルシュルとなくなっていくのを見ました。
今、毎日深刻に縦横430家庭をどうやって復帰したらいいのかばかりを考えているのですが、急に妹から連絡があって近況を聞くことができたり、仕事の時給が上がったりと、絶対善霊の導きを感じています。」
(9/29、竹ノ塚教会「孝情実体聖霊役事恩恵特別集会」参加)