夫の代わりに精誠を尽くして役事に臨むと、夫の病気が良くなりました (日本地区巡回団集会) > 証し

본문 바로가기

証し

夫の代わりに精誠を尽くして役事に臨むと、夫の病気が良くなりました (日本地区巡回団集会)2019-12-06

본문

[北福岡教区 E.I.さん 36万既成家庭 50代 女性]
「夫が9月28日から突然高熱が出て食欲がまったくなく、倦怠感が10日くらい続き、血液検査の結果血液の中に菌が入る菌血症と診断されました。原因がわからないので入院して点滴と抗生物質の治療を受けながら、医療天使と皆様の祈祷のおかげで随分良くなりました。
しかしMRIの検査で左鼠径部に袋みたいな異物があり、映像でもよくわからないと説明され、『検査しながら様子を見ていきましょう』と一応退院しました。帰宅後も相変わらず食欲不振と倦怠感が続き、顔の表情が暗く、本当にどうなるか心配しました。
今回の巡回集会に私一人で参加しました。本人が来なくても代理で癌が良くなったという証しを聞いて、一生懸命役事を受けました。『恨霊さんごめんなさい。許してください。本当に長い間苦しい思いをしてこられましたね。光に沿って修錬苑に行き、修錬会を受けてください』と涙ながらに祈りました。
家に帰ると、夫の左鼠径部の袋みたいな異物がなくなっていました。食欲も出てきて顔の表情が明るくなっていました。夫が喜ぶ事がしたいし、おいしい物も食べさせてあげたいという思いと、私の夫に対する心情の世界が転換されていました。真の父母様のすべての勝利圏のおかげで大きな恩恵をいただいている事に本当に感謝の気持ちでいっぱいです。これからも真のお母様の心情、事情、願いとひとつになってがんばって行きたいと思います。」
(10/22、八幡教会「天寶秋祭り・ファミリーフェスティバル・心と癒しの祝祭」参加)