他界した息子から「結婚することになった」(孝情天寶特別2日修錬会) > 証し

본문 바로가기

証し

他界した息子から「結婚することになった」(孝情天寶特別2日修錬会)2020-01-13

본문

[岩手教区 I.S. 霊肉界祝福家庭 60代 女性]
「私の息子は、小さいときから親に対して強気に出る子でした。30歳のときに結婚しようとしてもうまくいかず、お金があれば彼女が戻るのではないかと、夫の退職金から保険金まで取りましたが、結局はうまくいかず、交通事故を起こしたり逃げたりなど、母親の私に対して困らせることの連続でした。新しい彼女ができても転がるような人生で、結局自分の生き方を変えることができませんでした。今思うと、事故を起こしたときが最後のチャンスだったのだと思います。周りの車を巻き込みましたが息子はケガ一つしませんでした。でも乗っていた車はグシャグシャでした。その後は良くないことばかり続きました。刑務所に入る前日、首を吊りました。『この子がいなければ…』と思うことが何度もありましたが、やはり我が子です。生きていれば良いことだってある。涙が止まりませんでした。メモには『お母さん、ごめん』と書かれていました。今年(2019年)の6月に息子の特別解怨をしました。ところが、7月12日に息子が夢に現れて『オレ、結婚することになった』と言うのです。夢の中だからか、私も不思議に思わず喜びました。結婚するのに死んだことになっているので、『死亡届を取り消さないと』と夢の中で考えていました。息子の夢はほとんど見ませんが、この時の夢ははっきりと覚えています。あれほど結婚を望んでいた息子なので、息子が未婚霊人祝福を受けて、あの世で幸せになってくれればと嬉しく思っています。」