突然「先祖解怨がしたい」と言い出した主体者(孝情天寶40日特別修錬会) > 証し

본문 바로가기

証し

突然「先祖解怨がしたい」と言い出した主体者(孝情天寶40日特別修錬会)2020-01-13

본문

[北東京教区 M.H. 2018天地人真の父母孝情天宙祝福家庭 30代 女性]
「情心苑や聖地で祈祷をすると、次の日には答えが帰って来ることが多く、祈りが聞かれていると感じることができました。その中でも『430代の先祖解怨・祝福を勝利したい。主体者が韓国人で先祖解怨・祝福に興味を持っていないが、夫婦で勝利して行くにはどうしたらよいか』と祈祷した次の日の夜、突然知り合いのお姉さんから、主体者が先祖解怨・祝福をしたいらしいと連絡を受けました。すぐに私からも主体者に確認の連絡をすると、『先祖解怨をしたい』との回答が来ました。あまりの意識の転換の速さに驚くと同時に、本当に絶対善霊が協助をして整理してくれているのだと感じました。そして、主体者本人が翌月の孝情天寶特別2日修錬会に参加し、先祖解怨をしてくれることになりました。現在は一緒に21日間の敬拝条件に取り組んでいます。
このHJ天宙天寶修錬苑の地で先祖解怨のことを祈ったからこそ、こんなにも早く主体者の意識が変わったのだと感じましたし、絶対善霊の協助の力を感じました。天の父母様の御心に叶った願いは成されると、そう実感することができたので、主体者と力を合わせて目標達成の為に歩んでいきたいと思います。」