為に生きようとした心情で臨んで体験した奇跡(孝情天寶特別2日修錬会) > 証し

본문 바로가기

証し

為に生きようとした心情で臨んで体験した奇跡(孝情天寶特別2日修錬会)2020-03-25

본문

[西神奈川教区 S.M. 6500家庭二世 19歳 女性]
「二つほど霊的な体験をしたことがあるので証しをしようと思います。役事の最後でハレルヤを歌っているとき、目を少し閉じて歌っていたのですが、目を開けた途端右上にはっきりと『ありがとう』という文字が上がって消えていくのが見えたのです。何か役に立てた気持ちになって、初めて役事をとおして霊界を感じることができました。
二つ目は、アトピー性皮膚炎がひどくなかなか治らなくて、何とかしたいと思い役事をしていました。今までは自分のためと思って役事をしていましたが、今回は先祖のためを思って行うことにしました。修錬会の最後の日、もう体力がなく声を出すこともつらくなっていた時でした。小さな子供たちの声が、リトルエンジェルスのような大勢の子供たちの愛らしい声が私の歌う声と一緒になって歌ってくれたのです。驚きました。驚きで周りを見回してしまったくらい生々しい声でした。そのおかげで最後まで大きな声で聖歌を賛美できました。
どれも自分から求め、為に生きようとした心情で臨んだところ体験した現象だったので、この気持ちを忘れずに、他のことにもそのような姿勢で歩もうと決意しました。」