夫がますます好きになり、愛おしくなりました > 証し

본문 바로가기

証し

夫がますます好きになり、愛おしくなりました2020-05-12

본문

[兵庫教区 Y.O. 二世2015天地人真の父母天宙祝福家庭 20代 女性]
「この孝情天寶40日特別修錬会の期間で一番良かったことは、夫と参加できたことです。普段から仲も良く、喧嘩もないのですが、唯一意見が食い違い、私が悩んでいたことが神観の違いでした。夫は教会関係はもちろん宗教自体にとても否定的で、それが何が原因なのか、今一つわかっていませんでした。40日修錬会の中でも、原理講義に反論し、訓読も嫌がり、祈りも否定していました。毎日夫からの不満を聞きながら、とても辛かったのですが、すべてのスケジュールを共にし、今の不満から、昔の話、二人での思い出や家族の話など、とてもたくさん話をしていく中で気づいたことがありました。それは、夫が今までの人生でとても傷ついてきたという事実でした。そのことが今でも解決されず、夫の心にずっとあったのです。
私は本当に苦しくなりました。そして私が経験したことのない辛い苦しい傷を持っているのに、私は何も知らずに現状に対して悩み、私の方が不満に思っていたととても悔い改めさせられました。夫の育った環境などを振り返ってみたときに、より天の父母様に近い感情を持っている人が夫なのかもしれないと思うようになりました。夫をとおして天の父母様の心情を感じました。そして、こんなに尊い人を与えられたことに心から感謝し、夫のことがますます好きになり、愛おしくなりました。
あるとき夫が、役事チームを見ながら『俺の親は俺がボーカルをやっていたら喜ぶかな』と言ったことがありました。初めは役事のたびに逃げ出しそうになり、大変だった人の言葉とは思えないほど、親思いで心の優しい人だと感じました。まだまだ課題は多いですが、これから夫を慕い、夫の前でメシヤのようになれるように、私自身がしっかりしていこうと思いました。この孝情天苑聖地で、天の父母様と真の父母様によって心が生まれ変わったようです。ありがとうございました。」
(孝情天寶40日特別修錬会の証し)