(映像修錬会)両手が痛いほどぎゅっと握られた感覚がありました > 証し

본문 바로가기

証し

(映像修錬会)両手が痛いほどぎゅっと握られた感覚がありました2020-06-02

본문

[北愛知教区 K.T. 6500家庭 女性]
「先祖解怨の時間、両手をしっかり握って、今回特別解怨した姉に語りかけるように祈ると、握っていた両手が痛いほどぎゅっと握られた感覚があって、姉が共にいることが感じられ、我知らず大声で泣き叫んでいました。姉も共に喜んでいることを感じました。
最後にアメイジング・グレイスを賛美し、解怨された霊人をお送りするところでは、満面の笑みを浮かべた姉の顔が浮かび、だんだんと小さくなっていくのを感じました。姉の笑顔は、見たこともないような美しい笑顔でした。このような体験は初めてでした。」