(映像修錬会)真のお母様が私たち一人ひとりの事情をすべてご存じであることを実体的に感じました > 証し

본문 바로가기

証し

(映像修錬会)真のお母様が私たち一人ひとりの事情をすべてご存じであることを実体的に感じました2020-06-02

본문

[北広島教区 匿名希望]
「子供が事故で亡くなったり、親が病気で亡くなったりして、すぐ先祖解怨の申請をしましたが、先祖解怨式がなかったため、親や子はどうなっていますか、という質問がたくさんありました。『大丈夫です。きっと霊界の孝進様、興進様、大母様が守っていますよ』と伝え、安心させましたが、気になっていました。
そんな中、映像で先祖解怨式を行うという公文が流れると、『少なくとも教会長がHJ天宙天寶修錬苑に行ってきちんと解怨して欲しかった』と思っている方もいましたが、その方には『当日直接参加するように』と案内しました。
しかし、李基誠会長が真のお母様のみ言と共に、『なにも心配することはない。堂々と行きなさい。世の中は災難でも、我らには奇跡だ』と語ると、参加者達は大きく感動し、天に感謝の気持ちでいっぱいになりました。みんな口を合わせて、『天の父母様聖会宣布以後、初めの解怨式に参加して良かった』『今日の解怨式は素晴らしかった』『真のお母様と自叙伝に守られていることがわかった』『今後天寶家庭入籍のために悔い改めして新しい出発をしたい』と感想を述べてくださいました。
心配してた方々も『今回参加できたのはまさに奇跡だ。来て良かった』と述べました。中心恨霊の特別解怨に来た方は、『中心恨霊の悲しい心情が共鳴できて、やっと解怨できたことに感謝します』と感想を述べました。
また、今回430家庭までの先祖解怨式に参加した食口は『先祖入場のとき、知らずに涙が流れて、これは私の涙ではなく、待ちに待った先祖の涙だと実感し、もっと早くするべきだった』と感動していました。また、氏族復帰ができず、一度も先祖解怨式に参加したことがない方もいて、『長い間の願いが叶った』と感謝していました。
今回の解怨式をとおして真のお母様の愛を感じ、真のお母様は食口一人一人の事情を全部知った上で、本当に愛してくださっているのだと実体的に感じました。」