(第1514回修錬会) 体を霊分立するたびに鳥肌が立ちました > 証し

본문 바로가기

証し

(第1514回修錬会) 体を霊分立するたびに鳥肌が立ちました2020-07-30

본문

[天寶運営チーム S.G.]

「コロナ19によってたくさんの食口の皆様と修錬苑で共に修錬会を行うことができなかったという点が惜しかったですが、受け付けてくださった2万名という食口の皆様が共にするという心情で、責任感を再度思い起こして修錬会に臨みました。先祖解怨式、情心苑祈祷、先祖祝福式の順で修錬会が行われたのですが、瞬間瞬間ごとに天の父母様に感謝の思いがわき、胸の込み上げる感じがした一日でした。

李基誠会長のメッセージで修錬会が始まりました。真のお母様と一つになればできないことがない。私たちは絶対的に真の父母様を信じ、必ず侍る生活をしなければならないというメッセージを伝えてくださいました。先日から真の父母様にとって私ははたしてどんな子女か考えていたのですが、今回もそれを再び考え、真の父母様に必ず孝をつくす子女とならなければならないと決意しました。

その後直ちに始まった先祖解怨式では、30分間役事が行われたのですが、ひと月ぶりに役事を始めると、体を霊分立するたびに鳥肌が立ち、ドラムの音がどんどんと私の中にいたサタンたちを追い出すような感じがしました。役事が終わり、浄化された気分で次の修錬会日程に臨むことになり、今回の第1514回修錬会やはり先祖祝福式の介添え人として立つことになって、さらに緊張感と責任感を感じて祝福式に臨むことができました。

また、単純に私がするのではなく、天が共にいらっしゃると思って臨むことができたと思います。聖酒を一人ひとりに差し上げて、たとえ目に見えないとしても必ずその場にいる先祖たちにあいさつをしながら、心からお祝いできたと思います。

李基誠会長の主礼によって、地上において天上にいる先祖たちまで祝福して差し上げることのできるこの時代に暮らす私たちは、本当に祝福を受けた子女だと感じました。驚くべき役事をつくり続けて行っている今のこの時代に、私たちは真の父母様が下さった神氏族メシヤという使命を受け、地上のメシヤたちとして、本当に一つひとつやっていかなければならない責任と天の召命が存在するということを再度悟りました。

また、一人でするのではなく、横にある同志たちと、あるいは家族と共に、家庭盟誓を中心に、特に語られた5節を中心に、毎日主体的天上世界と対象的地上世界の統一に向けて発展していく子女たちとならなければならないと決意するに至った修錬会でした。

いつまで映像修錬会として職員たちを中心に修錬会が行われるかはまだよくわかりませんが、今この時期に修錬会をこのようなかたちだとしても行うことができるということに感謝を感じなければと思いました。今働いている修錬苑で、情心苑で、本当に真のお父様が役事なさることができるように、祈祷と精誠、併せて日常生活をしながら、侍る生活をより一層発展させていく子女とならなければと決意するに至った、意味ある修錬会でした。」