(第1514回修錬会) 危機を機会に転換させることができる天の父母様の大きな祝福の恵みではないかと思いました > 証し

본문 바로가기

証し

(第1514回修錬会) 危機を機会に転換させることができる天の父母様の大きな祝福の恵みではないかと思いました2020-07-30

본문

[金亨哲(キム・ヒョンチョル) 人事チーム長]

「5月第3週から毎月第3週の土曜日に1日修錬会として、修錬苑職員たちだけ参加して映像を撮影する方式で行われている天寶特別修錬が、コロナ19ウイルス感染予防措置が続いている中でいつのまにか3回目を迎えました。

一時は修錬会が正常化されることを期待できる状況もありましたが、今となってはいつ正常化されるかわからない中で、真のお母様が映像修錬を行えるように祝福してくださり、情心苑で祈って精誠を尽くすこと、また各地区に伝授された情心苑聖燭をとおして修錬苑に来ることはできないとはいえ、情心苑を中心として南北統一を成すために真のお父様が霊界を総動員され直接役事してくださることのできる精誠の基台を立てる、という祈祷と精誠を続けていくことができるようになりました。また、このように映像修錬会と精誠をとおして、以前よりもっと多くの食口の皆様が共に修錬会を受け、精誠を尽くすことができるようになったので、もしかしたらコロナ19ウイルスによって皆が困難を被っているが、このような危機を機会として転換させることのできる天の父母様の大きな祝福の恵みではないかと思いました。

この地球上には本当に人間の力では解決することのできない多くの問題があります。天の父母様と真の父母様に侍り、絶対信仰・絶対愛・絶対服従の心情ですべての人類が天宙大家族に一つとなってこそ、人類の未来と幸せが保障されるのでしょう。そしてその始まりが、コロナ19ウイルスによって急激な変化の時代を迎えている世界すべての人類に天の父母様聖会と真の父母様だけが唯一の希望になることを信じる疑わず、今日解怨され祝福を受けたすべての先祖たちが霊界で真のお父様に侍り、地上のすべての子孫と共に南北統一のために役事してくれることを切に願いました。」