(孝情奉献聖火式) 真のお母様が共にいらっしゃるのを夢をとおして感じました > 証し

본문 바로가기

証し

(孝情奉献聖火式) 真のお母様が共にいらっしゃるのを夢をとおして感じました2020-10-22

본문

[北北海道教区 A.K. 3万家庭 50代 男性]

「少し前に夢を見ました。内容は、父親が体調を崩して、どうしたら良いか悩んでいたら、大役事に出たら良いということで、役事に出てみたら、真のお母様が私と父の隣に座ってくださり、優しく手を握ってくださり、共に役事をしてくださる夢でした。真のお母様が人類の母として、いつも私達一人ひとりを心配してくださり、祈ってくださっているのを天が教えてくださり、心から感動致しました。

 そのような夢を見ていたので、今回の孝情奉献聖火式も、真のお母様が共にいらっしゃるのを強く感じることができました。真のお母様は心から日本を愛してくださり、日本の祝福家庭全員に天運を相続させたくて聖火式を許諾してくださっていることを、強く実感しています。聖火式では、ずっと真のお母様の実体聖霊の役事により、感動と癒しを受け、皆が涙していました。とてつもない、大きな恩恵を与えられている私達であることを肝に銘じていきたいと思います。

霊界にいらっしゃる真のお父様、孝進様、興進様、大母様が共に導いてくださり、天心苑(旧:情心苑)としっかり連結されているのを実感しました。限りない愛とお導きに心から感謝致します。

真のお父様の夢を実現する為に骨身を削られ、歩まれている天の独り娘・真のお母様と一つになり、神氏族メシヤと先祖祝福の責任を果たす者となり、神日本の復帰の為に勝利していきたいと思います。天の父母様によって生かされて、天の独り娘であられる真のお母様と共に歩めることを心から感謝致します。」