[大役事] 霊肉界祝福を受けた母の喜びを感じることができました > 証し

본문 바로가기

証し

[大役事] 霊肉界祝福を受けた母の喜びを感じることができました2020-11-05

본문

[島根教区 H.N.(36万家庭 60代 女性)]

「昨年10月に母が昇天し、その9日後にショックも癒えない中、父が急性胆嚢炎で緊急手術をすることになりました。度重なる災難に、生前祝福を受けさせてあげられなかった後悔の気持ちが増し、霊肉界祝福を決意しました。

決意はしたものの、気難しい父の猛否定を受けていましたので心が折れそうになりました。そのたびに、教区長や信仰の友に励まされ、孝情奉献書を書いて祈り続けました。そして父のもとに行き、手を掴み涙を流して懇願すると、奇跡的に受け入れ聖酒を飲んでくださいました。そして誓約書にもサインをしてくださいました。

昨年12月の霊肉界約婚修錬会に渡韓し、あと100日経てば祝福を授けてあげられると思っていましたが、コロナ禍によってなかなかその時を迎えることができなくなってしまいました。心なしか写真の中の母の顔が曇っているように感じていました。今回、秋季大役事のなかで霊肉界祝福式が行われるという知らせを聞いてどれほど嬉しく感謝したかわかりません。母が霊界100日修錬会を受けている間に、気難しかった父も嘘のようにやわらかくなっていきました。霊界の母も協助してくれていたのだと思います。当日、霊肉祝福式が始まり、霊人入場の時間には体が熱くなり、母の喜びを感じることができました。

真のお母様がビジョン2020を勝利され、天寶登載勝利家庭を前に『どのくらい待ちに待ったこの一日でしょうか』と語られて喜ばれ、その後最初に行われた秋季大役事において天の恩恵を受けられたことを心から感謝いたします。李基誠苑長の『絶対信仰・絶対愛・絶対服従で!』というみ言、信じる心を強く持ってビジョン2027に向かって決意していく場になりました。

なにより母が絶対善霊になって、これから私たちの歩みを協助してくださることに希望を感じます。天の父母様、真の父母様、ありがとうございます。神氏族メシヤ活動を頑張ります。」

 

- 2020秋季孝情天寶特別大役事参加(10/25)