(1519回修錬会) 全世界の食口たちの関心がHJ天宙天寶修錬苑にあることを感じました > 証し

본문 바로가기

証し

(1519回修錬会) 全世界の食口たちの関心がHJ天宙天寶修錬苑にあることを感じました2020-12-03

본문

[天寶苑運営チーム 李孝苑チーム長]

「1519回修錬会に導いてくださり、心から感謝申し上げます。今回の修錬会は9カ月ぶりに食口たちが直接参加したとても恩恵のある修錬会でした。修錬会が始まる前に、天心苑で祈祷を捧げようと入った瞬間、中で祈祷を捧げている食口、敬拝を捧げている食口、訓読をしている食口の懇切な心情が伝わってきました。一番前で泣きながら祈祷を捧げている後ろ姿を見たときに、とても申し訳ない思いが湧きました。多くの食口がこの瞬間をどれだけ待っていただろうか。また、真のお父様はこの食口をどれだけ待っていただろうか…ここで働いているにも関わらず天心苑の恩恵を忘れている自分自身に対してとても申し訳ない思いと共に、この場所こそ、真のお母様の愛が詰まった私たちの故郷であることを改めて悟ることのできる時間でした。役事の時も食口が一生懸命している姿を見ながら、この役事がどれだけ食口に力を与えているのか…役事が終わった後も日本からラインで『役事に参加しました。ありがとうございます!』というメッセージが日本から届き、全世界の食口の関心がHJ天宙天寶修錬苑清にあること、そして天がここをとおして摂理を進めていらっしゃることを肌で感じました。」