(1519回修錬会) 「お前たちが私の子を堕ろさせたんじゃないか」という恨みの声が聞こえました > 証し

본문 바로가기

証し

(1519回修錬会) 「お前たちが私の子を堕ろさせたんじゃないか」という恨みの声が聞こえました2020-12-03

본문

[南福岡教区 S.T. 2014天地人真の父母天宙祝福家庭 20代 女性]

「先祖解怨式の役事をとおして、恨霊が分立されていくのを感じました。お腹を霊分立するとき、『子女を授かるように…』と一生懸命すると、『お前たちが私の子を堕ろさせたんじゃないか』という恨みの声が聞こえて、本当に涙で悔い改め、絶対善霊が天上の修錬苑に連れていってくれるように祈りながら、謝罪しました。夫の両親も、子供が犠牲になったり、私も流産を経験したりと、その恨みが今まで私たちやその親にも影響していたことを感じました。

アメイジング・グレイスを歌っているとき、『すまない』と、男性の声が聞こえた気がして、『先祖がその女性に、また私にも謝っておられるのかな』と思いました。すべて真の父母様の愛ゆえであり、真の父母様が願われる天寶家庭に必ずなろうと、決意の祈りができて感謝でした。」