<b>第101回清平40日修練会(第22次婦人清平40日修練会)</b> > お知らせ

본문 바로가기

修錬案内(日本所属)

<b>第101回清平40日修練会(第22次婦人清平40日修練会)</b>

페이지 정보

작성일2005-11-21 照会数15,883

본문

(2005.12.4. 赤字部分追加・修正)

第101回清平40日修練会の日程が下記のごとくお知らせいたします。また第22次祝福家庭婦人清平40日特別修練会を、追加で続けて実施しますので、まだ参加できていない祝福家庭婦人は早めに参加するようにお願い申し上げます。
特に今回の期間は特別恩恵期間です。詳しくは、「第100-101回清平特別40日修練会大役事の恩恵についての追加案内」をご覧ください。


1. 清平40日修練会の意義

1) 祝福家庭婦人清平40日特別修練会

 天地人真の父母様は、祝福家庭婦人清平40日修練会は神様が祝福家庭別にその構成員の具体的な生活内容を記憶され、天運を相続してくださる意義があると語られました。 また、「40日修練会にすべての祝福家庭婦人たちが来ることができる公文を出しなさい。来なければ生活が困難になる。今まで祝福を受けて間違ったことを全部告白しなければ、解く道がない。しかし、40日間にすべての内容を報告すれば漏れなく記憶して、その内容を一つ一つ解いてあげよう。そうしなければ絶対に解くことができない。そのために祝福を受けた全世界の祝福家庭婦人が、みな来ることができるように公文をもう一度送りなさい」と語られました。

2)清平40日修練会

 天一国の民として生きていくためには天運を相続しなければなりませんが、そのためには原理的な生活をすることと、既に我々に憑いている悪霊を分立し、罪や堕落性を捨てることが大事です。善よりも悪に主管されてきた私たちであり、その私たちの体の中にいる悪霊や自犯罪、連帯罪、血統罪、堕落性を整理して、善霊や天使が協助できる自分にすることが天運相続の基本的条件です。また復帰され完成されたエデンの園である清平の聖地で「天国人」になる訓練をさせるために、真のお父様は「食口は全員清平40 日修練会に3回出るように」と語られています。また、祝福2世も祝福を受ける前に、清平で40日修練会を3回受けるように強調されました。

3) 恩恵:

 2泊3日修練会だけでは解決できない個人的、家庭的な様々な問題を解決していきます。すなわち各々個人が抱えている内的かつ霊的問題の解決として信仰生活の復興、夫婦の葛藤解消、み旨とみ言に対する確信を持つようになる恩恵などがあり、外的問題の解決として、病気の治癒、不妊治癒、特に胎児についている霊を分立し健康な子女を出産する等の恩恵があります。霊肉ともに健康な2世を出産することが私たち祝福家庭の希望です。新しく生まれてくる2世のために是非とも参加しましょう。そして清心病院での健康診断などの特別プログラムも実施しています。また、真の父母様が韓国にいらっしゃれば、直接、真の父母様と出会いの恵みがあることでしょう。

4) 内容:


① 霊分立のための役事(1日3回)
② 興進様・大母様のみ言
③ 原理講論訓読と原理講義および真の御父母様の生涯路程
④ 信仰講座、統一思想講座、映像教育
⑤ 先祖解怨式・先祖祝福式参加(全員2日修練会に6回参加)
⑥ 祈祷会(天勝台、情心苑)
⑦ 妊婦の為の検査(清心病院)
⑧ 健康診断(清心病院)と健康講座
⑨ 原理講論要約チャート講義(婦人40日修練生のみ)
⑩ 特別講座(本部派遣講師)
⑪ 本殿聖地巡礼祈祷会
⑫ 体育大会
⑬ 清平の各種施設見学

2. 第22次 祝福家庭婦人40日修練会

1)期間 :2005年12月3日(土)午後6時30分~2006年1月11日(水)
      帰国日:1月12日(木)

(修練会が始まって15日以内であれば途中参加が可能ですが、参加期間は来た日を含めて40日間とする)

韓国法務部は、ノービザで韓国を訪れた日本人の滞在期間を2006年2月28日までは90日に延長する(現行30日)と発表しました。この内容を受け、2月末日まで、VISA申請を受け付けません。

清平40 修ネームカード締め切りは、修練会が始まる一週間前(土曜日)の午後5 時までとします。
追加は随時受け付けますが、本人が出発する最低2 日前までには、送信を完了させておいて下さい。その際、備考欄に出発予定日を必ず書いてください。
※ この期間、日本所属の外国人の方が清平に行かれる場合でビザが必要な場合は各担当R、または本部までご連絡ください。

2)参加対象および資格:

 1) 婦人40日修練会(第22次)
  ① 今まで婦人40日修練会に参加されていない祝福家庭婦人
   *第21-22次に限って子供連れの参加もできます。但し、満1歳以下の乳児同伴の参加をしたい場合は、事前に天宙清平修錬苑の健康相談室(電話:韓国 031-589-7113)にご相談ください。
   *本人が昇華された家庭はその家族(夫、直系の子孫や家族)または霊の子女が代わりに参加してください。

3)修練会参加感謝献金…61万7千ウォン

4)準備物:日本語訓読チーム(韓国語で訓読する方は清平にお問い合わせください)
① 「3色刷原理講論」(大) 
② 「地上生活と霊界(上)」 
③ 「成約時代の清平役事と祝福家庭の行く道」 
④ 「原理講論要約チャート講義案(赤色部分)」(婦人40日修練生のみ)
⑤ 「聖歌」 
⑥ トレーニングウェア
⑦ 洗面用具 
⑧ 白いTシャツとほこりの出ないズボン(清平の売店でも購入できます)
⑨ 懐中電灯(あれば便利) 
⑩ 雨具
⑪ ジャケットと運動靴(聖地祈祷および奉仕時間用)
⑫ FMラジオ(90MHz以上の周波数の聞けるもの) 
⑬ 経費(感謝献金・予備のお金)
⑭ 証明写真(横3×縦3.5cm)1枚
⑮ 正装 
⑯ 式服(先祖祝福式に参加する食口)
⑰ 祝福指輪(先祖祝福式に参加する食口)
⑱ 情心苑感謝献金…一般修練会と同じ(2日修練会が6回入る)
⑲ 先祖解怨および先祖祝福献金…先祖の解怨をされる方は別途に2日修練会参加献金と解怨感謝献金を持参し、祝福式に参加する方は別途に2日修練会参加献金と8代以後に対しては祝福感謝献金を準備してください。

3. 第101回 清平40日修練会

1)期間 :2005年12月3日(土)午後6時30分~2006年1月11日(水)、帰国日:1月12日(木)

第101回清平40日修練会に限り、真の父母様の100大都市世界巡回が終了する日まで途中参加が可能です。


2)参加対象及び資格: 
中学生以上
*第100-101回に限って子供連れの参加もできます(但し、満1歳以下の乳児同伴の参加をしたい場合は、事前に健康相談室にご相談ください)。

3) 修練会参加感謝献金:祝福家庭婦人40日修練会と同じ

4) 準備物:祝福家庭婦人40日修練会と同じ


4. その他の案内

1)海外旅行者保険に必ず加入して来るようにしてください。


2)妊婦の方

①妊婦は、安定期の5~6ヶ月(16~23週)に参加するのが望ましいです(但し、胎児に問題のある場合は、なるべく早く健康相談室に相談してください)。
②妊婦で体調の悪い方、または注意を要する方は医師の相談を受けて、その指示を書類に書いてもらい持ってきてください。
③ 清心病院で出産を希望される方は、清心病院に直接お問い合わせください。
(担当:ハン ジヨルさん/日本語可 電話:韓国031-589-4300)出産予定日が40日修練会の期間中になる人は40修の受付はできず、延泊者扱いになります。(出産日の10日前に病院に入院します)

3)精神的(霊的)に問題のある方

精神病患者や霊的な食口の参加については、次の案内があるまで当分参加を保留させていただきます。参加意志のある方は、必ず日本事務局に予めE-mail、FAX、TELで担当者に問合せをされて、許可を得た方のみ、参加が可能です。もし許可のないまま来られた場合には、そのまま帰国していただく場合もありますのでご了承ください。
なお、40修の参加許可が下りない場合、清心病院精神科に入院しながら役事に参加する事は可能です。(この場合、40修としては認められません)詳細は清心病院担当者(電話:+82-31-589-4735、E-MAIL:kyubak@yahoo.co.jp)へお尋ねください。

4) 持病のある方、又は常備薬を服用中の方
  ① 通院治療を受けている方は、必ず病院で診断書、又は所見書をもらって持ってきてください。
  ② 常備薬、現在服用中の薬は必ず40日分持ってきてください。


5) 準備したほうが良いもの
  ① のど飴、うがい薬など
  ② 自分に合った薬(かぜ薬、胃腸薬など)
  ③ クレジットカード(清心病院で使用できます)
  ④ 万一、清心病院で治療する場合の治療費


6)第23次の祝福家庭婦人40日修練会も全祝福家庭を対象に行なわれます(2006年1月14日~2006年2月22日)。また、第 102回清平40日修練会も同じ期間に実施します。