絶対善霊となり再臨してきた日 > お知らせ

본문 바로가기

修錬案内(日本所属)

絶対善霊となり再臨してきた日

페이지 정보

작성일2002-08-29 照会数11,696

본문

Untitled Document

▒ 絶対善霊となり再臨してきた日-537回修練会 ▒


梅雨も明け、眩しい気候の中で三万双10周年記念総会と共に天宙清平修錬苑では、第537回修練会が行なわれました。それと共にこの日は、6千年役事大解怨式を受け、霊人祝福を受け絶対善霊になった善霊たちが再臨するという貴い日となりました。今回の修練会ではどのときよりも多くの2,100名の修練生が参加して、神様と真のご父母様の驚く勝利と興進様と大母様の役事を体験する貴重な時間となりました。

537回修練会は、2002年4月4日(陰暦2月22日22時22分22秒)天宙清平修錬苑の情心苑とアメリカのイーストガーデンで行なわれた「6千年役事大解怨式」と2002年7月13日に情心苑で行なわれた「6千年役事大解怨霊人祝福式」に参加していた霊人たちが40日の特別教育を終えて絶対善霊となり再臨してきた日でした。
興進様と大母様は、大変福があり、貴重な日であると語られ、この日を期して絶対善が主管する時代に至るようになる良い時であると語られました。 そして先祖解怨式を進めながら今まで祝福を受け絶対善霊になった先祖たちを参加した修練生の家庭に送り、家に居座っている悪霊たちを連れて来るようにして解怨してくださる時間を持ちました。また、先祖解怨祈祷の前に、真の御父母様が主導される世界的摂理のために、そして真のご家庭のために、自分の問題のために祈祷をする恩恵の時間を持ちました。
興進様と大母様は神様王権即位式を大聖殿で行なったが故に、大聖殿、小聖殿、6講堂、7講堂、8講堂が食口たちでいっぱいになった中で行なわれることを願っていたと語られながら、今日大聖殿で修練会が行なうことができて食口たちに感謝するというみ言私たち語られました。 そして今からは絶対善霊界が協助する生活をしていかなければなりませんが、そのためには多く清平に来て悪霊を分立することにより、絶対善霊を増やしていかなければならないし、神様と真の御父母様に侍る生活において絶対信仰、絶対愛、絶対服従を行なう食口たちとならなければならないことをもう一度強調されました。 修練会に参加した食口たちは、みな喜びと感謝の表情に満ちあふれ、神様と真の御父母様の勝利がどれほど価値が高いものであり、また興進様と大母様が、代価無しに注いでくださる恩恵を実感しましたと語りました。さらに進んで今から私たち全ての食口たちがこのような恵みに感謝することにより、氏族祝福活動を通して報いようと決意する修練会になりました。