興進樣と大母樣日本巡回の結果 > お知らせ

본문 바로가기

修錬日程(日本所属)

興進樣と大母樣日本巡回の結果

페이지 정보

작성일2001-10-13 照会数2,615

본문

1.巡回期間:2001.9.3-8(5泊6日間)   2.場所:東京.大阪.名古屋.神戶   巡回全體の評價 興進樣と大母樣は5泊6日間,日本巡回に行って來られた.去る9月3日,仁川國際空港を出發された大母樣は,東京,大阪,名古屋,神戶地域を巡回された後,8日仁川國際空港に歸國された.  今回の日本巡回は食口たちの大きな希望となった.各地域ごとに食口を困難にし苦しめてきた惡靈たちを整理されたのはもちろんのこと,天運を相續させてくださったからだ.  したがって,集會は大盛況を呈した.十分な連絡がなかったにもかかわたず,食口たちはどこで聞いてきたのか集會場をいっぱいにした.  集會は大阪と名古屋で2回進行された.大阪は「眞の家庭定着關西大會」という名稱でワ-ルド記念ホ-ルで行われたが,6千5百名という多くの食口が參加した.  關西大會は大母樣のみ言,贊美の役事,訓母樣に感謝の牌贈呈,功勞家庭の表彰などの順序で進行された.行事が終わり,神戶リジョン運營部長の證があった.その婦人は「目が痛くて長い間苦勞してきたが,今回の集會の贊美の時間を通して完全に治った」と傳えた.  名古屋大會は「天宙統一大復興會」という名稱で,名古屋國際會議場を借りて集會を持った.全體で3千5百名の食口が參加してたくさんの惠みを體驗した.名古屋大會は大母樣が3年ぶりに巡回された地域で食口にたくさんの愛をくださり,食口はたいへん感謝した.  興進樣と大母樣の今回の巡回は攝理的な意味がたいへん大きかった.この頃のように混亂した世の中は1日を豫測することができない實情だ.每日私たちの側にはものすごい事件がひそんでいるし,事件が連發していても私たちは事件それ自體だけを見ている.本當に胸が痛むことである.